今日もランクル日和

40代からはじめる素敵なランクル生活

最高のロケーション やまもり温泉キャンプ場

スポンサーリンク

梅雨は明けないけど夏キャンプ

キャンプ場概要

やまもり温泉キャンプ場 公式webサイト

yamamori-spacamp.jimdosite.com

ja-jp.facebook.com


ほぼ全面芝生のフリーサイト。芝の手入れも行き届いてキレイです。当日も芝の手入れをしておられました。もちろん車で乗り入れ可能なので楽ちんであります。

f:id:shiratsume:20200720172841j:plain

やまもり温泉キャンプ場公式webサイトより画像転載加筆
https://ameblo.jp/yamamori-spacamp/entry-12609668879.html

だだっ広いフリーサイトはどこに設営するのか迷いましたが、管理人さんが雨に強い場所(水はけがよく少し高い)を教えていただき、上記写真のオレンジ色丸に設営しました。いくつか良ポイントがあったのですが、トイレと温泉が近い場所を選びました。

プライベート感のあるドックラン上と悩んだのですけど、結果的に正解だったと思います。

ずっと雨が心配だったけど

今年は梅雨明けが遅くお天気が心配でしたが、子供と数多くのてるてる坊主をつくった甲斐があり、なんとか雨が降ることもなく快適に過ごすことができました。

山の中を切り開いたキャンプ場

グーグルマップナビなどがあれば問題ありませんが、地図だけだと案内看板が入り口にしかないので迷うかもしれません。

f:id:shiratsume:20200720173101j:plain

まずは受付で書類を書いて、注意事項などを聞きます。常識的なことばかりですけど、それができない方々もいるわけで・・・守れない人には厳しい管理人さんでした。普通の利用者にとっては安心できることです。

f:id:shiratsume:20200720173136j:plain

上記で説明したオレンジ色丸の場所です。周りには何もないので、スマホで方位を確認して東側に向けて、テント・タープを配置することにしました。
設置してあるテーブルとベンチは使いませんが、一時的な物置になってすごく便利でした。

さっさと設営

位置を決めればいつもと同じ設営なので、大人はてきぱきと動きます。

f:id:shiratsume:20200720173227j:plain

f:id:shiratsume:20200720173250j:plain

ハイ完了。
なんだかんだで1時間半くらいかかります(汗)

最高の露天風呂

私は正直風呂には興味がありません。すぐにのぼせてしまうからカラスの行水なのです。共同浴場に行ってもさっさと体洗って湯船に数分浸かると飽きてしまう。風呂上がりの牛乳は美味いですけどね。

ここのキャンプ場は、場内に温泉露天風呂があります。キャンプ場近隣の共同浴場に行くパターンはよくあるけど、場内は珍しいよね。私が知らないだけかな。

 

f:id:shiratsume:20200720173341j:plain

小さい浴室が2つあり、貸し切りにできるので家族で入ることができます。小さな子どもがいると大変ありがたい。

f:id:shiratsume:20200720173406j:plain

脱衣場もキレイです。

f:id:shiratsume:20200720173431j:plain

f:id:shiratsume:20200720173459j:plain

檜風呂です。こりゃ中々風情がありますな。

f:id:shiratsume:20200720174021j:plain

風呂に興味がないので泉質などはよく分かりませんが、温泉の匂いがします(笑)かけ流しできるし温度調整もできるから良いね。少しずつ湯は入れ替わっているけど、今の時期はコロナもあるから早めに入りました。

日が暮れる前に入って良かったです。夜だと周りが真っ暗ですから。まあ見える景色は森だけですけどね。

このお風呂は気持ちよかった。テントの設営で汗だくになったこともあるけど、露天風呂なので湿気がこもらないし、温泉もキツくなくてちょうどいい。子供も喜んで中々出なかったくらい気持ちが良かったようです。

キャンプ場の看板名にするだけのことがあります。

あとはゆっくりと過ごすだけ

f:id:shiratsume:20200720174841j:plain

オジサンは適当に薪割りを楽しんだあとに火起こし。もう風呂には入ってるのでなるべく汗をかかないようにします

f:id:shiratsume:20200720175208j:plain

子供は汗かかないようにおとなしくできるはずもなく走り回っています。もう他のサイトのお友達と仲良くなっているようです。

キャンプめし

f:id:shiratsume:20200720175239j:plain

f:id:shiratsume:20200720175254j:plain

今回のキャンプめしは特に凝ったことをしてません。アヒージョをつまみながら準備をして、米炊いて、ポトフつくって、肉3種(牛・豚・鳥)焼いただけです。まあ私は米炊いただけですけどね(笑)美味しくいただきました。

しかし日が暮れて7~8時頃に虫が大量発生して困りました。食事中の写真を撮るどころではありませんでした。ランタンの回りにブンブン集まるけど明かりがないとご飯は食べられません。羽虫には蚊取り線香も効かないみたいです。夏キャンプは虫が欠点だということがよーく分かりました。

不思議なことに夜8~9時以降は虫が減ってきて、不快ではない数になりました。土地や季節によってもマチマチでしょうから予想は難しいです。確実に回避するためには日が暮れる前に夕食を終わらせたほうが良さそうですね。

久々に景色を見て感動

ここのキャンプ場は、満天の星空が売りなのです。公式webサイトのトップページも美しい星空の写真です。私もこれを期待してたのですが、今回は空が晴れ渡ることはなく星を見ることはできませんでした。雨が降らなかっただけでも良かったのですから仕方ありません。

思いがけない景色

変な夢を見て明け方に目が覚めたのです。なんだかトイレに行きたいけど、面倒くさいなあ・・・どうしようかと葛藤していたけど、尿意が勝利しました(笑)トイレからの帰りに空を見ると・・・!!!

f:id:shiratsume:20200720175705j:plain

おおーーーっ!!
三日月と星がみえる夜と、うっすら赤く染まってきた朝とのグラデーションがなんとも言えない美しさなのです。
写真が下手すぎて悔しい。実際にはもっと奥行きがあって三日月も星も大きく見えたのです。色も写真だとのっぺりしちゃうなあ・・・

時計を見ると4時半、日の出は5時4分なのでこの景色の変化が楽しめるのも少しだけ、急いで妻を呼びました。子供は寝かしておこう思ったけど、気配を察したか起きてきました。

f:id:shiratsume:20200720175733j:plain

普段は6時半に起きるので日の出を見ることはありません。よくネット記事でも日の出を見てる人が多いし、キャンプ漫画でも必ず描かれる景色です。

ああ、なるほどなあ。
しばらく見てなかったけど、やっぱり心打たれるものがあるよね。たぶんこれは全人類同じ感覚なのだと思う。

f:id:shiratsume:20200720175819j:plain

ええわあ。
音をなるべく立てずにこっそりと沸かしたコーヒーを飲みながら、ずっと眺めていました。夕焼けとは違う美しさですよねえ。早起きしなきゃ見られないというバイアスが掛かってるかもしれないけど、気温が低くて空が澄んでいる感じがします。一日の始まりという高揚感もあります。

この景色が見られただけで今回のキャンプは大満足なのです。


早起きしてお腹が空いたので、静かに豚まんを焼きます。

f:id:shiratsume:20200720180128j:plain

たまらん。うまー!
コンビニの豚まんも美味しいけど、この季節は売ってません。これは日本ハム
の冷蔵豚まん。サイズがちょうど良いし、みんなで分けられるのが良いのです。

www.nipponham.co.jp

楽しいときはあっという間

日の出を見た後に、ゆっくりと朝ごはんを食べます。
設営は色々考えながらですけど、撤収は一気にしまうだけです。
名残惜しいよね。子供はここで仲良くなったお友達とギリギリまで遊びます。
キリがないから時間を決めてチェックアウト。
私もなんだか寂しい。

また来れば良いよね。
このキャンプ場は本当に良かった。ひっそりと孤独感を味わうためのキャンプには向かないけど、家族や恋人や友人とゆっくりするには最高なキャンプ場だと思います。近県の方には是非オススメですよ。

今日から仕事ですが、8月にもキャンプ場予約してます。
そろそろ9月の予約もしないとヤバいなあ。
キャンプの予定があれば頑張れるよね。

新たな出会いに期待。
 

f:id:shiratsume:20200720183232j:plain